送電線(鉄塔)の近くでの作業

送電線の近くで安全な作業を進められるように事前打ち合わせ、現地調査もいたします。

安全な工事を進めて頂くために、送電線の近くでクレーン等の作業や足場の組み立て、測量調査をされるときには、下記の送配電ダイヤルまでご連絡下さい。
事前の打ち合わせや、現地調査もいたします。

事前調査
  • 01.事前調査

お客さまの工事計画と送電線の関係を調査。

電気事故防止の打ち合わせ
  • 02.電気事故防止の打ち合わせ

防護方法・保安設置の確認。

「電線から十分な隔離距離をとる」これがみなさまの安全につながります。

安全のための送電線とクレーンとの離隔距離

電線の近くでクレーン等を使用するときは、安全のため送電線からある程度の距離をとらなければなりません。

この距離のことを離隔距離といい、下の表のように、電圧(ボルト)によって最低限必要な離隔距離(メートル)が決められています。
安全離隔距離 ※1の確保をお願いします。

クレーン等の重機類に限らず、測量や足場組み等の長尺物を取り扱う作業においても、上記同様に離隔距離を確保しなければなりません。

送電線との安全な離隔距離

送電電圧 がいし個数 安全離隔距離 ※1 労働基準局長通達
最小離隔距離 ※2
2~3万ボルト 3~4個 3m 2.0m
7万7千ボルト 5~9個 4m 2.4m
15万4千ボルト 7~21個 5m 4.0m
27万5千ボルト 16~25個 7m 6.4m
50万ボルト 20~41個 11m 10.8m
  • ※1 労働基準局長通達値に目測誤差およびクレーン操作特性を考慮した電力会社推奨の離隔距離
  • ※2 労働基準局長通達 1975年12月17日 基発第759号
送電線近くの作業の際はこちらへご連絡ください

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせは、下記フォームからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせ

TEL. 0800-777-3081(通話料無料)

【受付時間】9時から17時(土日祝・年末年始を除く)

  • ※受付時間外においても停電のお問い合わせ等緊急のご用件については承っております。
  • ※お電話がつながりにくい場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  • ※一部のIP電話からは、ご利用いただけない場合がございます。その場合は050-3085-3081(通話料有料)へおかけください。
  • ※お問い合わせの際には、番号をよくお確かめのうえ、おかけ間違いのないようにお願いいたします。

関連動画

電気事故を起こさないために
~関西電力送配電からのお願い~

クレーン作業に伴う電気事故事例
~電気事故を起こさないために~

建築足場作業に伴う電気事故事例
~電気事故を起こさないために~

樹木伐採作業に伴う電気事故事例
~電気事故を起こさないために~