配電線(電柱)の近くでのクレーン作業や足場の組み立て

※防護カバー類の設置については、2020年4月1日取り付けお申し込み分より、運用方法・費用負担が見直しとなります。
詳細はこちらからご確認ください。

配電線近くで作業されるときは電線に絶縁カバー等が必要です。

配電線の近くでクレーンなどを使用して工事施工されるときには、作業の3週間前までに下記の防護管施工会社にご連絡のうえ、絶縁カバ―の取付をお申込みください。(また、絶縁カバーを施した後でも、電線との接触は絶対にさせないよう、注意して工事をお進めください。)
※2020年4月1日取り付けお申込み分より、運用方法・費用負担を見直ししております。

防護管が取り付けされていない工事現場

防護管が取り付けされていない工事現場

防護管が取り付けされている工事現場

防護管が取り付けされている工事現場

「電線から十分な隔離距離をとる」これがみなさまの安全につながります。

安全のための配電(電柱)とクレーンとの離隔距離

電線の近くでクレーン等を使用するときは、安全のため送電線からある程度の距離をとらなければなりません。

この距離のことを離隔距離といい、下の表のように、電圧(ボルト)によって最低限必要な離隔距離(メートル)が決められています。
安全離隔距離 ※1の確保をお願いします。

クレーン等の重機類に限らず、測量や足場組み等の長尺物を取り扱う作業においても、上記同様に離隔距離を確保しなければなりません。

配電線との安全な離隔距離

送電電圧 がいし個数 安全距離 ※1 労働基準局長通達
最小離隔距離 ※2
100~200ボルト 送電線に比べ
小さながいし1個
2m 1.0m以上 ※3
6千6百ボルト 1.2m ※3
  • ※1 労働基準局長通達値に目測誤差およびクレーン操作特性を考慮した電力会社推奨の離隔距離
  • ※2 1975年12月17日 基発第759号
  • ※3 絶縁防護された場合には、この限りではありません。
防護管施工会社一覧(2020年4月1日よりお申込み受付開始)

かんでんエンジニアリング ホームページ

※防護管施工会社については、参入都度更新いたします。

関連動画

電気事故を起こさないために
~関西電力送配電からのお願い~

クレーン作業に伴う電気事故事例
~電気事故を起こさないために~

建築足場作業に伴う電気事故事例
~電気事故を起こさないために~

樹木伐採作業に伴う電気事故事例
~電気事故を起こさないために~