社長あいさつ

送配電事業の一層の中立性の確保を図るため、電気事業法が改正され、2020年4月、関西電力株式会社から一般送配電事業を承継した「関西電力送配電株式会社」が誕生しました。

電力需要は、人口の減少、節電の定着、省エネの進展などの要因により減少傾向にありますが、今後、デジタル技術の進展や電気自動車の普及拡大、生産性向上に向けたロボットの導入など、電気が果たす役割は大きくなっていきます。また、再生可能エネルギー電源の大量連系により、電気の流れが双方向になるなど、電力系統の使われ方も高度化しています。さらに、エネルギー管理の高度化や蓄電池などの分散資源の活用、近年の自然災害の甚大化に対するレジリエンス強化への期待の高まりなど、送配電事業者に対するニーズや期待はますます多様化、高度化しており、送配電事業に大きなパラダイムシフトが起こっています。

こうした状況においても、みなさまの生活や産業の基盤を支える電力を、安全に、安定的に、低廉な価格でお届けし続けるという私たちの使命は変わりません。

スマートメーターから得られるビッグデータの活用やAI、IoTといった革新的なデジタル技術の積極的な導入によるDX(デジタルトランスフォーメーション)の実現などにより、送配電事業の高度化に取り組むとともに、送配電事業で培った強みを活かせる新たな事業や国際事業にも果敢に挑戦してまいります。

私たちは、安全最優先、CSRの全うを基軸に、関西電力グループの一員として、社会のみなさまから信頼される存在となれるよう、引き続き、お役に立ち続けてまいります。みなさまには、新しく誕生した「関西電力送配電株式会社」にご支援を賜りますようよろしくお願いいたします。

関西電力送配電株式会社 代表取締役社長 土井義宏