電力データ活用事業

当社は、送配電事業で活用している設備(スマートメータや電柱位置情報等)のデータを活用し、お客さまへ新たなサービス、価値提供を目指しています。
主な取組み状況は下記です。

電力設備の位置情報データ販売

電力設備(電柱)の座標データを社外のお客さまへ提供いたします。
設備や通報者の位置特定等に利用いただけます。

グリッドデータバンク・ラボ有限責任事業組合

スマートメータから得られる電力データと他業界のデータを掛け合わせ新たなサービスの創出を目指しています。

電力設備情報を活用した不正口座開設等防止サービス事業

電力設備情報を活用した不正銀行口座の開設防止に関する事業を行っています。
金融機関等のサービス事業者とそのユーザーが、安心安全に、ネット社会の利便性を享受できる世の中を支えるインフラを構築し、不正口座の開設といった社会問題の解決を目指しています。

関連プレスリリース

2019年3月6日
規制のサンドボックス制度の認定取得について
~金融と電力データの融合で第一号、電力設備情報を活用した不正銀行口座の開設防止に関する実証~
2019年10月21日
電力設備情報を活用した不正口座開設等防止サービスの事業開始について
~「規制のサンドボックス制度」認定プロジェクト、初の事業化~
2020年1月27日
株式会社カウリスへの出資について